前向き抱っこ紐の選び方と、おすすめ5選、使える時期、使い方


① 前向き抱っこ紐の選び方

どんな抱っこ紐を選ぶかによって、前向き抱っこができる時期が変わってきます。新生児から使用できるもので赤ちゃんの成長に合わせて使い方を変えていくことができるタイプもあれば、前向き抱っこのみの抱っこ紐もあります。前向き抱っこができる抱っこ紐は対面抱っこもできたりするタイプが多いですが、機能はそれぞれのメーカーによって異なってきますので、しっかりと比較したうえで一番使いやすいものを選ぶといいでしょう。

② ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル

小児科医と共同開発してつくられているのが特徴です。赤ちゃんのことを思って作られている抱っこ紐なので安心して使うことができます。通年人気の高い商品となっていて、前向き抱っこと対面抱っこができる2WAY仕様となっています。3.5キロ以上の新生児から11キロくらいまでが対応となっていますが、前向き抱っこの抱っこ紐として使えるのは首がすわってからとなります。

③ アップリカ 抱っこ紐 コランCTS

日本人の体に合わせて設計されているのでとても使いやすいと人気の抱っこ紐です。腰ベルトがついているので赤ちゃんの体重を肩と腰にバランスよく分散してくれます。前向き抱っこはもちろんですが、対面抱っこやおんぶ、ヨコ抱っことしても使える4WAYです。シンプルなデザインなので飽きが来ず、どんなシーンでも使えると人気です。

④ エルゴベビー 360ベビーキャリア

エルゴから登場した前向き抱っこができるタイプの抱っこ紐となります。前抱っこ、対面抱っこ、腰抱きとおんぶの4つのシーンで使うことができます。首がすわってから使えるタイプとなっていて前向き抱っこができるのは1歳くらいまでとなっています。シートアジャスターを内側につけると前向き抱っこがより自然な姿勢でできるのでおすすめです。

⑤ ニンナナンナ サット フィット 4ウェイ

前抱っこはもちろんヨコ抱っこ、対面抱っこ、おんぶの4WAYで使うことができます。新生児から生後36ヶ月程度まで使うことができますが、前抱っこでの使用は首がすわってから体重が13キロ程度になるまでとなっています。

⑥ アイエンジェル ヒップシートキャリア 抱っこ紐

アニマル柄が特徴の抱っこ紐で、ヒップ部分が大きく作られているので赤ちゃんもラクラクです。肩ベルトも広く、腰ベルトもあるので負担がバランスよく分散され疲れにくい抱っこ紐として人気があります。前向き抱っこ、対面抱っこ、おんぶの3WAYタイプで前抱っこで使用する場合、腰がしっかり据わった8か月くらいから24か月程度までとなっています。